新築一戸建てを建てるときに知っておくべきこととは

subpage01

30代から40代前半にかけて家を購入する人が増えています。


ちなみに日本の住宅事情では、新築一戸建てと分譲マンションとでは、新築一戸建てのほうがやや多いのです。やはり、周りの住人に気兼ねをせずに暮らせるということや、一国一城の城主になった感じが味わえるという理由が多いようです。新築一戸建て住宅を購入する、あるいは建てる場合には、喜びや満足感がありますが、その一方で最低限知っておかなければならないことがあります。


それは自然災害に備えた場所を選ぶことです。



最近の住宅は地震に対しての対策として耐震住宅が注目されています。

葛飾区の注文住宅の情報をお届けします。

より地震に強い家を建てることで、業者としても多くの顧客に安心して買ってもらうことができるからです。

ただ、自然災害は何も地震だけではありません。



実はこの国では(津波被害を含め)水害も多いのです。

この水害は、地震の対策と違い、設計をどうにかすれば水害から家を守ることができるというものではありません。


「地震に強い家」という宣伝はあっても「水害に強い家」というのはほとんど見かけないのではないでしょうか。

水害を防ぐためには、建物そのものよりも水害の被害にあいにくい土地を選ぶことが大事になります。土地を選ぶ場合には、谷になっている土地はできるだけ避けることや、大きな川のそばに住むことはできるだけ避けることです。


たとえ川から2〜3キロ離れていたとしても、海抜が低いところでは被害にあいやすいのです。できれば高台を選ぶべきでしょう。

住宅入門

subpage02

住宅の買い替えを考えているタイミングなどでは、現在住んでいる家などの不動産について売却したいものだと思います。不動産売却は取り扱う金額が大きなものとなりますし、関係してくる業者もありますので、大きなリスクを伴うものと考えておいたほうが良いでしょう。...

NEXT

読めば解る

subpage03

新居に引っ越すことをきっかけとして、古くなっている住居の売却を検討することがあると思います。不動産の売却については、取り扱う金額が大きいために一定のリスクに対しての知識を身に付けておくことは大切だと言えます。...

NEXT

いまどきの住宅

subpage04

不動産を売却するとき、ローンが残っていない状態なら、なにも問題はありません。複数の不動産会社に査定をしてもらって、自分が希望する価格で売りに出せばよいのです。...

NEXT

納得の事実

subpage04

住宅の買い替えを検討しているときには、持っている不動産を売却することになります。不動産を手放す方法としては、業者による買取と業者が仲介して売却してもらう方法の2種類があります。...

NEXT